Missデビル 5話のキャストは?

「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」も5話、中盤になりストーリーもおもしろくなってきました。
毎回ゲストキャストが菜々緒さんの蹴りを受けるのも痛快です。

そんな「Missデビル」5話に登場してくれるキャストはだれなのか観てみましょう。

小林隆さん。

小林隆さんは「Missデビル」の舞台でもある共亞火災保険の
審査部長、瀬登広幸役で5話のキャストとして出演してくれました。

小林隆さんは数多くのドラマに出演される名バイプレーヤーです。
「Missデビル」5話のキャストとして盛り上げてくれることでしょう。

Missデビル 5話のネタバレ

では「Missデビル」5話のネタバレです。

前回のラストで衝撃的であった南雲前田航基)の行動。
南雲は大沢社長船越英一郎)に何らかの恨みを持っていた。

その理由として挙げられた会社名「明新ゴム化学工業」。
南雲の父親が経営していた会社であるが、18年前に火災事故を起こしているのだとか。

だが、工場に瑕疵があったため、保険金が支払われなかった。
南雲は自分と家族の人生をかえた、保険会社及び当時の担当者で現社長の大沢が許せなかったのである。

南雲の振り回したナイフは社長の手を傷つけ病院で治療してもらうことに。

伊東木村佳乃)は大沢から寸でのところで椿菜々緒)から助けて貰ったことを知り、なぜタイミングよくあらわれる事が出来たのか、本人に直接聞いてみると、椿は、人事部以上に社員の情報を知っていると呟く。
そして「明新ゴム化学工業」の会社について調べてみてはどうかと言われる。

斎藤佐藤勝利)は、なぜこのようなことをしたのか気になり南雲に聞こうとしたが、「明新ゴム化学工業」の名前を出した瞬間取り乱し、追い払われてしまう。

それでも気になり、人材活用ラボに顔を出しに来た大沢に直接聞いてみたが、あなたには知る権利はないと、椿に止められる。

それと同時に、今回のミッションが椿より告げられる。

今回の研修先は審査部で、担当部長の瀬登広幸小林隆)のリストラする理由を見つけることだという。
いつもとは違いリストラ対象者を見つけるのではなく、リストラする理由を見つける事が仕事であった。

しかし、南雲の件が気になりまったく仕事に集中できない斎藤。
そんな斎藤に対し椿は仕事に集中するよう注意する。
いつもに増して苛立ち、そして威圧感のある椿。

今回の対象者である瀬登はというと、これまた絵に書いたような優秀な上司。
温厚であり、みんなから好かれている、部下の信頼も熱く仕事もできるため、リストラする理由がない。

一方、伊東は明新ゴム化学工業の事故の件について、再調査していると社長に報告する。
本当に不正はなかったのか、人事部長としてこの件を把握したいのだとか。

しかし、再調査しても新事実は何も見つからず、共亜火災保険に責任はなかったとの結果が。

そんな中、休日出勤する斎藤に、目を疑う光景が。
なんとあの椿が瀬登と笑いながら話しているではないか。

笑顔はかわいいのであるが、斎藤に向ける顔は悪魔そのもの。

瀬登は椿に対し、自分の人生よりも仕事が大切と言い切る。
そんな瀬登に対し、感服すると言っておきながら次の日になると、態度は一変。
退職願いを出されたらどうかと本人に直接いう。

椿の言葉に驚愕し、うまく反応できない瀬登であるが、自分をクビにする理由がないと反論する。

そんな瀬登に対し、椿は、瀬登が以前反社会勢力と接触し密会していた写真を突き出す。
また、経費と称して相手にお金を渡していたことも明かされ・・・。

すべては会社の為に行ったことではあるが、やっていることは立派な法令違反。

逆上した瀬登は斎藤を人質にとって椿に対し会社を辞めさせないでほしいと嘆願するが、毎度の通り冷静な椿。
一瞬のスキを見て椿の見事な蹴りが飛び出す。

その後瀬登は辞表を提出し、会社を去ることに。

斎藤は、瀬登が兼ねてより自分には仕事しかないと断言していたので、その後の様子が気になり、半休を取り、瀬登の様子を見に行くことにした。
すると、瀬登は病院に行っていたという。

血圧が異常に高く、狭心症だったことが判明。
結果として仕事を辞めて良かった、椿にお礼を言っておいてほしいと言われ驚く斎藤。

自分には仕事しかない、自分が犠牲になって仕事をしなければ・・・と思い込んでいたが実際は違う。

社員一人いなくなっても会社は機能する。
それは社員だって同じである。

今の場所に必死にしがみつかなくても、ほかの場所・やり方だってある。
それに気が付き、行動するのはかなり難しいことではあるが。

南雲の件も同じである。
誰かのせいにしていないとやってられない、自分では現状を認められない、これからどうすればよいか分からない、まさに八方塞がりの状態である。

そんな南雲に対し、斎藤は自ら、お前には会社を辞める権利がある、その権利おまえは持っていると言ったのである。
この言葉の意味、重さがようやくわかってきたのかもしれない。

数日後、南雲は退職願いを出したのであった。

まだまだ明らかにされない事ばかり。

大沢と斎藤の父親鶴見辰吾)の関係性、そして縣雄二が昔経営していた縣総合調査及び会長の関係性。

そして斧ヶ埼のホテル火災事件について。
なんと今回の南雲のケースと同じく調査によりホテル側に過失があり保険金は支払われなかったという。

いったい今後どういう展開になり、結末が待っているのか。

↓↓タップしてもらうと励みになります♪