コンフィデンスマンJP ゲストはウッチャン

毎週話題になっている「コンフィデンスマンJP」に
満を持してウッチャンがキターーーーーー!!!!

「コンフィデンスマンJP」に出演ということはウッチャンは悪役なのか!?
ウッチャンは悪役似合わないですよーーー

気になるところで「コンフィデンスマンJP」
ウッチャンがゲストの第6話のあらすじです。

山村を自転車で旅していたボクちゃん(東出昌大)。
その旅中に入ったラーメン屋のラーメンに感激を受けていた。
そのラーメン店がある村では、2年前から「ふるさとふれあいモール」という施設が近くにできると言われていた。
しかし、2年たった今完成する予定はなくそこに行ってみると「産業廃棄物処理施設」の建設が始まっていた。
元々「ふるさとふれあいモール」は嘘で悪質なコンサルタントに騙されたに違いないと思ったボクちゃんは工事を中止させようとダー子(長澤まさみ)に話を持ちかけた。
しかし、ダー子はお金にならないなら協力しないときっぱりと断った。

しかし、工事を止めるのはその場所から何かしら遺跡が出てきたら簡単なことだとアドバイスをした。
そこでボクちゃんはリチャード(小日向文世)が大切にしていた縄文土器を借りて工事を止めることにした。

ボクちゃんは工事現場にアルバイトとして潜り込み縄文土器を仕込み見つけた様に振る舞った。
その話を聞いて飛んできたのが今回のターゲットである悪徳コンサル会社の社長斑井(ウッチャン・内村光良)だった。

しかし、斑井はその縄文土器を地面に投げつけた。
工事は止まることなくまた再び開始された。

粉々な縄文土器を見たリチャードは「殺し以外ならなんでもやってやる」と復讐する気持ちに燃えていた。
ダー子も金儲け以外にも大切なことはあると言い、今回の作戦に協力することになった。
そして、五十嵐(小手伸也)も交えて、いつもどおりのターゲットの調査が始まった。

斑井はアメリカ帰りのコンサルタント。
地方再生を得意としてお年寄りにいいことを言って騙すことを繰り返している。
産廃業者は斑井の後輩でその後輩と毎日豪遊していた。

そんな斑井を騙すために古代遺跡を発掘させて名声を手に入れさす作戦を考えた。

そして、3人は縄文土器と同じような土器を手作りしだす。
そして、再度ボクちゃんが現場に潜り込んで大量の土器を掘り出すように仕込んだ。

しかし、斑井は全て処分しようとしていたので、ボクちゃんは大学で考古学を学んでいるといい考古学で有名な牛久教授に見てもらいましょうと誘導した。
そして、翌日大学に潜り込んでダー子が本物の牛久教授とお話しているうちにリチャードが牛久教授に扮してこの土器は本物かもしれないから明日現場に行くことを斑井に伝えた。

そして、リチャードが乗り込み発掘作業をしていると。
斑井が牛久教授に扮したリチャードを呼び、全てレプリカということはわかっています。
お金をあげるので帰っていただけないかと交渉した。

リチャードは素人がわかるはずがないとその場を凌いだ。
しかし、レプリカと見抜いた斑井は思っているより手ごわかった。
ダー子はそれでもまだ諦めていなかった。

そして、翌日大量の考古学マニアがその現場に集まってきた。
五十嵐がネットで拡散したそうだ。
その様子を見て呆れている斑井の前にいかにも考古学が好きそうな女性に扮したダー子が現れた。
そして様々な学説を唱えた。

その学説は斑井の父が自費出版して発表した学説だったが事実性は確証されていない。
その言葉の節々に聞き覚えがある斑井は無視することはできなかった。

その結果、斑井は乗ってきた。
リチャード扮する牛久教授も「あなたの名前が教科書に載り、永遠に讃えられます」というと満足げに去っていった。

しかし、後日本物の牛久教授が何故か現れてこれら全て偽物だと言った。

それはボクちゃんが送ったものだった。
ボクちゃんは遺跡騒ぎで村人まで期待させてしまったことに対して罪悪感があったみたいだ。

それでも始めたのはボクちゃんだからやめたいならいいよとみんな渋々了承した。
そこで工事は再開したのだが、斑井はスッキリしていなかった。
そこに、誰かから父の自費出版した18冊の本が送られてくる。

その本を読み終えた斑井はいてもたってもいられなくなり、遺跡を求めて山で暮らしている設定のダー子に会いに行った。

ダー子は工事現場の隣の山を1億円で買い取っていた。
そしてその山を売って村に行くと斑井に言った。
すると、斑井がその山を3億円で買い取った。

そして会社も手放し、発掘探しに明け暮れた。
斑井の父万吉の「考古学とは取り憑かれるもの」という意味がやっとわかった。
名声とかではなく、発掘行動そのものであった。

今回はドラマでは珍しくコンサルタントの人がターゲット。
しかもあのウッチャンが今回はゲスト。
いやみったらしい役というよりかは慈悲深い役でした。

毎回ターゲットのことをしっかり調べてその上作戦を練るのは本当に大したものだなと思います。
全国の詐欺師もそんなことやっているんですかね。
ダー子の緻密な作戦には本当に惚れてしまいます。
このドラマを見ているとお金稼ぎが簡単なようにも見えてしまいます。

スピンオフとかでボクちゃんとリチャードとダー子が知り合った経緯とか放送してほしいですね。
私はどっぷりハマってしまいました。

ここまで来ると最終回がどう終わるのかが期待大です。
捕まるのか!?そこを注目していきたいです。
そろそろ最終章に結びつく事件が起きそうです。

↓↓タップしてもらうと励みになります♪