ドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」おもしろくなってきましたね。
と、いうのが感想です。

「トーキョーエイリアンブラザーズ」だからブラザーズの話なのですが、今回はふたりの間がギクシャクしてきましたよ。

ドラマの見どころは弟の気持ちの変化でしょう。

今回の「トーキョーエイリアンブラザーズ」のドラマ版はエイリアンや人間の気持ちが絡まっていくのがおもしろいところです。

このあとネタバレを含む感想を綴ってますので、まだ見ていない方は注意してください。

「トーキョーエイリアンブラザーズ」ドラマ版第5話の感想

兄・夏太郎戸塚祥太)は千波恒松祐里)にKissされた。

 

翌朝。

夏太郎が目覚めると弟・冬ノ介伊野尾慧)がいた。

冬ノ介「Kissどーだった?それにしても兄ちゃんやるよね。」

夏太郎は不安げに、これからどうすればいいのか聞きます。

 

冬ノ介「そりゃカノジョにしないと。」

夏太郎「岡部はどうする?」

岡部大和田健介)は千波のことを好きなのを知っているから、気にするよね。

 

冬ノ介「なんでそんなこと気にすんの?なんでなんで?」

冬ノ介はブラックですね。
岡部に酷いことをしたのを悪びれてもいません。

 

 

夏太郎はまた自転車の練習をしています。

そこに現れたのは岡部。

 

岡部「僕、お兄さんに嫉妬してただけです。ちーちゃんはお兄さんが好きなんですよね。」

夏太郎「嫉妬?好き?好きってなんだ?」

岡部「だってちーちゃんからKissしたんでしょ?」

岡部もその場を目撃していた。それなのに…

 

夏太郎「いや、俺からした。」

よくわからない受け答えをするから岡部はキレてしまい、夏太郎を殴って行ってしまった。

 

 

夏太郎は冬ノ介に質問します。

夏太郎「好きってなんだ?ちーちゃんは俺のことが好きなのか?」

冬ノ介「Kiss=好きじゃないからね。ちーちゃん、俺に脈がないとわかって自棄になってたんでしょ。でも今なら兄ちゃんチャンスだよ。」

 

夏太郎「嫉妬ってなんだ?」

冬ノ介「なにそれ?」

冬ノ介はまだ嫉妬を知らないらしい。

 

 

計画実行――

冬ノ介は夏太郎を千波がバイトしている服屋に連れてきました。

「兄ちゃんにアドバイスしてくれない。オシャレにしてあげてよ。」

 

千波は好きな冬ノ介に頼まれ、渋々夏太郎の見立てを始めます。

それなのにうまくコーディネイトができると乗ってきて、千波は夢中です。

 

そのようすを見て冬ノ介は、千波に見立ててもらったことを思い出したのです。

自分から夏太郎に代わっていることに苛立ちを覚えるのです。

その感情を抑えることはできず、千波に掴みかかります。

 

驚いた千波は冬ノ介の手を払いのけ、怯えた表情で夏太郎の腕にすがりました。

 

服屋からひとり出て行く冬ノ介。

そう、冬ノ介、それが「嫉妬」というものだよ。

 

 

夏太郎は走って冬ノ介を追います。

「どうした!?冬ノ介!」

 

振り返る冬ノ介は作り笑顔です。

「兄ちゃんこそどうしたんだよ。人間に感化されたの?でもよかったね兄ちゃん。ちーちゃん、兄ちゃんのこと好きみたいよ。」

 

そして、

「ぶっちゃけると、兄ちゃんの任務は嘘だから。兄ちゃんは実験台で、ドジな兄ちゃんでも仕事と恋人ができるなら移住計画はスタートするよ。」

そう言い放ち夏太郎の前から去って行った。

 

兄は自分と重ね合わせ人間を理解しようとし、反面弟は人間は愚かだと思っている。

これでは意見が合わないよ。

この先計画通りに進むのか!

見逃してしまったら!

楽しみにしていたドラマなのに、仕事などのつごうで観れなかったことありませんか。

そんなときユーチューブやパンドラなどの無料動画サイトに行っても、全編じゃなかったり、画像が悪かったり、広告がうざかったりとイライラしてばかり。

もっと快適に動画ライフを楽しみたいあなたにおすすめなのが「hulu」というサービスです。


[AD]




「hulu」に登録すると2週間の無料期間があり、配信本数約40,000本とかなりの本数がラインナップされすべて無料で観ることができます。

登録は簡単!クレジットカードがなくても携帯キャリア決済PayPalhuluチケットにも対応してくれているのがうれしいです。

2週間の無料期間のうちに色々楽しんでみてはどうでしょう(*´∀`*)

 
<スポンサーリンク>
 

↓↓タップしてもらうと励みになります♪